24日、フランスのリヨン中心部で、爆発現場付近に展開した消防隊員ら(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランス南部リヨン中心部の歩行者専用道路で24日夕、路上にあった爆発物が爆発し、13人が軽傷を負った。警察は爆発物を置いた容疑者とみられる男の監視カメラの画像を公開し、行方を追っている。地元メディアが伝えた。

 パリ検察の対テロ部門が捜査を指揮することになったが、ベルベ法相はテロと判断するのは「時期尚早だ」と述べた。

 爆発物はパン店の前に置かれ、くぎやボルトなどが入っていた。容疑者の男は30〜35歳くらいとみられ、自転車で移動。マスクとサングラスで顔を隠していた。

 現場は中心部ベルクール広場近くで、人通りが多い。

関連記事