ルートインBCリーグ・富山―福井 8回無失点と好投した福井の小澤将伍=富山県のボールパーク高岡

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月24日、富山県のボールパーク高岡で、富山GRNサンダーバーズと戦い、投手戦を繰り広げたが0―1で敗れた。通算成績は8勝13敗1分けで西地区4位。次戦は25日、長野県の松本市野球場で信濃グランセローズと対戦する。

福井
000 000 000…0
000 000 001×…1
富山

 【評】終盤まで両者とも得点を許さない緊迫した投手戦となった。粘り続けた福井だったが、最後に力尽きサヨナラ負けを喫した。

 先発小澤将伍は八回無失点、9奪三振の好投を見せた。5安打を浴び三塁を踏ませる回もあったが、後続を断ち耐えきった。九回、代わった原田宥希は順調に2三振に打ち取ったが、単打、四球で一、二塁に、適時二塁打を打たれ決勝点を献じた。

 打線はうまく機能できなかった。一回、一死一塁で澤端侑が盗塁し、一死二塁とするも残塁。三回には、澤端が中前打を放ち二死一塁とし、続く工藤祐二朗の中前打で三進したがこれも無得点に。序盤の好機を逃し、力投する小澤を援護できなかった。

関連記事