5月24日午前7時35分ごろ、福井県福井市本堂町で、集落北側の山の中に入っていくクマの幼獣3頭を安居小児童が自宅の窓から目撃、登校後に学校に伝えた。

 現場は学校の西側約300メートル。同校はクマが近寄らないよう校庭で爆竹を鳴らし、体育の授業を体育館内で行った。教職員が、集団下校の時間に校区内を巡回した。

 一方、福井市鹿俣町では5月23日午後6時ごろ、クマの幼獣1頭が道路を横断して山に入っていくのを地元の住民が目撃した。

関連記事