記者会見で笑顔を見せる大坂なおみ=24日、パリ(共同)

 【パリ共同】26日開幕のテニスの四大大会第2戦、全仏オープンに出場する有力選手が24日、パリのローランギャロスで記者会見し、四大大会のシングルスで日本勢初の第1シードで臨む女子の大坂なおみは「クレーコートでのプレーも上達しているし、どういう戦いができるのか楽しみにしている」と抱負を語った。

 四大大会で昨年の全米オープン、1月の全豪オープンに続く3連勝が懸かるが「目の前の試合に集中して戦いたい」と強調した。前哨戦のイタリア国際でラケットを持つ右手親指付け根を痛めたものの「日に日に良くなっているし、試合までに状態は100パーセントになると思う」と話した。

関連記事