日本で販売が開始されたマツダの新型車「マツダ3」=24日午前、東京都内

 マツダは24日、国内で「アクセラ」として展開していた小型乗用車の車名を海外向けの「マツダ3」に統一し、新型車を発売した。社名を冠した新型車を投入することで、ブランド価値や認知度を高める狙いがある。

 新型車はデザインを刷新し、滑らかな流線形の車体で力強い生命感を表現。部品の見直しで走行中の揺れを抑え、乗り心地を向上させた。セダンとハッチバックタイプの2種類で、希望小売価格は218万1千円から。

 一部のモデルには、ディーゼルエンジンの技術を活用して燃費を従来より2割ほど改善した独自の新型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」を市販車として初めて搭載する。

関連記事