G20大阪サミット開催に伴い、駅のコインロッカーやゴミ箱の使用停止を通知するポスター

 6月28日、29日に大阪市で開かれるG20大阪サミットに伴い、JR西日本は5月23日、北陸新幹線や山陽新幹線の主要駅や車両内のゴミ箱、主要駅のコインロッカーについて、サミット開催期間中は使用を中止すると発表した。

 警戒・警備強化の一環。JR西日本によると、コインロッカーの使用が中止となるのは北陸新幹線、山陽新幹線の主要駅。6月28日、29日の完全封鎖に向け、3日前から順次封鎖する。

 ゴミ箱使用停止の対象となるのは北陸新幹線、山陽新幹線の主要駅と列車内(6月28日、29日)。近畿エリアを走行する特急列車は6月24日から6月29日まで使用停止で、前後数日間も使用を停止する可能性がある。

 コインロッカー、ゴミ箱ともに各国首脳などの動静により使用停止駅、停止期間が変更になる場合もあるという。使用停止を行う駅にはポスターを掲出する。

 また、京阪神エリアの駅のコインロッカー、ゴミ箱についての対応は、大阪高速鉄道、
大阪市高速電気軌道、京都市交通局、近畿日本鉄道、京阪電気鉄道、神戸市交通局、神戸新交通、南海電気鉄道、阪急電鉄、阪神電気鉄道と連名でリリースを発表。5月下旬にも駅に使用中止を周知するポスターを掲出する。

 

関連記事