6地点で今年の最高気温を観測した5月23日の福井県内。25、26日の最高気温は33度の見込み=福井県福井市内

 新潟地方気象台が5月23日に発表した24日から30日までの週間天気予報によると、福井県の最高気温見込みは25日(土曜日)、26日(日曜日)とも33度。同気象台は熱中症に注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、期間の前半は高気圧に覆われて晴れる日が多いが、後半は気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、雨の降る日がある。降水量は平年並みか平年より少なく、期間の中頃にかけて真夏並みの高温が予想されるとしている。

 5月23日の福井県内も高気圧に覆われ気温が上昇。坂井市や小浜市など6地点で今年の最高気温を観測。6月下旬から7月中旬並みの気温となった。県内各地の最高気温は坂井市三国26.4度、坂井市春江28.1度、福井市越廼28.6度、福井市28.4度、勝山市27.7度、大野市27.3度、南越前町今庄27.5度、敦賀市28.0度、美浜町26.1度、小浜市29.7度。

 福井県鯖江市では今月17日、鯖江市鳥羽小で体育大会の練習をしていた児童が頭痛や吐き気などの症状を訴え、男女29人を病院に搬送。このうち15人が熱中症と診断された。まだ暑さに慣れない時期で熱中症の危険が高まることから、同気象台は水分補給などの健康管理に注意するよう呼び掛けている。

関連記事