福井―阪神2軍 2回を無安打無失点と好投した福井先発浜田俊之=福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月22日、福井県福井市の福井フェニックススタジアムで阪神ファーム(2軍)と交流戦を行い、0―4で敗れた。エレファンツ出身で昨年、阪神に育成指名された片山雄哉は6番捕手で出場し、先制適時打を含む2安打の活躍だった。

阪神2軍
000 102 001…4
000 000 000…0
福井

 公式戦ではないため勝敗や個人記録などはシーズン成績に反映されない。次戦は24日、富山県の高岡西部総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと戦う。

 【評】福井は打線が散発3安打に沈んだ。先発浜田俊之をはじめ6人の継投で粘り強く阪神打線を抑えた投手陣を援護できなかった。

 浜田は2回を投げ無安打無失点。2番手三染真利は四回に片山に先制適時打を浴びたが、3回1失点と踏ん張った。六回は小澤将伍が伊藤隼に2点適時打を浴び、九回は捕逸で1点を失ったが、小刻みな継投で試合をつくった。

 福井打線は沈黙。五回で降板した阪神先発小野に8三振を喫したほか、六回2死まで一人の走者も出せなかった。八回に石井建斗、坂本竜三郎の安打で2死一、三塁とするも山根弘太郎が三振に倒れ無得点。九回も工藤祐二朗の中前打で1死一塁としたが、生かせなかった。

関連記事