政府は22日、トランプ米大統領が25〜28日の来日中に訪れる東京・両国国技館などの上空を小型無人機「ドローン」の飛行禁止区域に指定、官報で告示した。重要施設周辺のドローン飛行を禁止する規制法に基づく措置。テロの未然防止が目的だがドローンによる撮影などの取材が制限される恐れもある。

 指定されたのは大統領専用機が離着陸する羽田空港や、安倍晋三首相とゴルフをする千葉の茂原カントリー倶楽部など10施設。期間は25〜28日で、施設とその外側約300メートルの上空が飛行禁止。首脳会談会場の迎賓館、宿泊するパレスホテル東京、視察先の海上自衛隊横須賀基地などが含まれる。

関連記事