陸上の長距離選手が競技力向上を目的に貧血治療用の鉄剤注射を不適切に用いている問題で、日本陸連の尾県貢専務理事は22日、今年の全国高校駅伝から出場校に結果の提出を求める選手の血液検査で鉄剤注射の使用が疑われた場合、指導者にヒアリングを行った上で説明を求める考えを示した。罰則は科さない。

 日本陸連は集めた血液データを蓄積して推移を注視する。尾県専務理事は「まずは現状を把握することが大事。推移を見て取り組みの効果を確認する」と話した。

 鉄剤注射を「原則禁止」とする指針は月内に公表。貧血や低栄養、無月経の防止策を示し、選手の健康管理に生かす。

関連記事