【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は21日、3月にエチオピア航空の最新鋭機ボーイング737MAX8が墜落した際に起きていた失速防止装置の誤作動について、機体に鳥が衝突するバードストライクが原因だったとの見方を米当局が強めていると報じた。

 ただ、エチオピア政府の当局者らはこうした見方に同意していないという。

 失速防止装置は、機首が上がりすぎた場合に作動して自動的に機首を下げる仕組み。角度を測るセンサーが事故前に不正確なデータを送り、同装置の誤作動につながったとみられている。

関連記事