多彩なカフェやスイーツを提供する「マックカフェ バイ バリスタ」=5月21日、福井県福井市若杉4丁目のマクドナルド福井若杉店

 日本マクドナルドは5月21日、福井若杉店(福井県福井市若杉4丁目)をリニューアルオープンし、店内に福井県内初となるカフェコーナー「マックカフェ バイ バリスタ」を併設した。専任のバリスタによる本格的なカフェと、多彩なスイーツを味わいながらくつろげる時間を過ごしてもらう狙い。

 マックカフェの併設は国内96店舗目、北陸では3店舗目となる。マクドナルドのカウンターの隣にカフェメニューを注文するカウンターがある。併設にあたって店舗を建て直し、1階建てから2階建てに変更。席数は60から148に大幅に増やしたほか、2階には子ども向けの遊具があるプレイランドや、パーティールームを新設し、家族連れなど大人数での利用も見込んでいる。

 メニューはカフェラテ、エスプレッソフラッペ、グリーンスムージー、レアチーズケーキ、マカロンなどで、飲み物22種類、食べ物13種類を用意。期間限定の商品もある。カフェとしての機能を備えることで、休憩目的など利用客の来店頻度を増やす狙いがあるという。

 同店の営業時間は午前7時~午後11時。マックカフェは午前9時~午後10時。オープンを記念し、5月25日はトートバッグ、26日は布製ペンケースを商品購入者に贈る。両日とも午前11時からの先着200人が対象となる。

 同店を運営するティーエムエー(福井県越前市)の宮前貴司社長は「席数を増やして広々とした店になった。多くの方に愛される店舗にしたい」と話している。

関連記事