米津玄師との曲作りで感慨したと語った菅田将暉(C)カンテレ

 歌手で俳優の菅田将暉が20日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『パーフェクトワールド』(毎週火曜 後9:00)スペシャルイベントに登場。同作の主題歌「まちがいさがし」を歌っていることから“歌手”として、ライブを行ったが「すごいな。普段ドラマのトークショーなんて気にしないのに…」と大勢の観客を前に緊張した面持ちを浮かべた。

【写真】山本美月、瀬戸康史らも…仲睦まじいキャスト陣

 まずは「さよならエレジー」と未発表の「ドラス」の2曲を歌唱。その後のMCパートではドラマの主演・松坂桃李について「僕の事務所の先輩でもあり、ほぼほぼ同時期からこの世界に入っている人。先輩後輩、弟兄貴。大好きな身内と言うんですかね。その人がドラマをやるので、主題歌をやりませんかと。これはいかがなものかなと。簡単にできない。身内でキャッキャとやっている感じが出たら負けというのもあったので…」と引き受けるまでの葛藤があったことを明かした。

 その上で「偶然にも同じようなところで育った2人であるだけで。普段の松坂桃李くんの意味わからないくらいの熱量とか、一生懸命なにかに戦ったいるんだなというのがあって、僕が違う形で参加できたらいいな」とオファーを引き受けた理由を説明。「(同曲を提供した)米津玄師という天才と、こうやってまたひとつものづくりができたわけなんですけど。曲の説明を受けた時の米津くんの顔を一生忘れないと思います。『もし、自分がまちがいの方に生まれたとして、目の前の出会いがあるから、これはまちがいじゃないと思ったんだ』という話をされて、これってみんなが感じるようなことなんだろうな」と言葉に力を込めた。

 同曲を力強く歌い上げた菅田に、松坂は「本当にすばらしかったですね。きょうの菅田は俳優ではなく、アーティストの菅田将暉でした。感動しました」と感謝。菅田が「これが桃李くんじゃなかったら、こんな感じにならないと思うんですけど」と関係性の深さをにじませるコメントをすると、松坂が「『パーフェクトワールド』という作品は、菅田の歌で最後に丸を打つことで完結するんだなと感じました」と呼びかけていた。

 イベントにはそのほか、山本美月、中村ゆり、木村祐一も登場した。

関連記事