開業したホテルルートイン武生インター=5月20日、福井県越前市葛岡町

 ホテルチェーンのルートインジャパン(東京)は5月20日、福井県越前市葛岡町に「ルートイン武生インター」をオープンした。県内5店舗目。国道8号沿いで、2023年開業予定の北陸新幹線南越駅(仮称)に近く、武生インターから車で1分という立地で、ビジネスや観光客の利用を見込む。

 同ホテルは鉄骨造り7階建て、延べ床面積4100平方メートル。客室はシングルやダブル、ツインなど計161室で、収容人数は236人。一部に備品や家具にこだわったコンフォートルームを設置した。レストラン(92席)や大浴場、132台分の駐車場を備えている。

 料金は1泊シングル7200円、ツイン1万4300円など(いずれも税込み)。オープン記念として、6月末までシングル5900円となる。

関連記事