大勢の見物客に囲まれ、三國神社前に整列する山車=5月20日、福井県坂井市三国町山王6丁目

 北陸三大祭りの一つで福井県指定無形民俗文化財の「三国祭」は、中日を迎えた5月20日、呼び物の人形山車(やま)6基が福井県坂井市の三国町旧市街地を練り歩いた。勇壮な山車の姿を一目見ようと、平日にもかかわらず大勢の見物客が訪れ、新しい時代も変わらぬ熱気に包まれた。

 ⇒【D刊】人形制作に若い戦力

 午前中に各区を出発した山車は、正午ごろ三國神社前に勢ぞろい。午後1時過ぎに森町区の「楠木正行」を先頭に順次出発した。山車を動かす男衆は、力強く巧みなかじさばきを披露。6メートルを超す巨大な山車が細い路地を縫うように練り歩き、曲がり角では大きな音を立てて旋回し見物客を沸かせた。

 巡行は夜まで続き、この日のために稽古を重ねてきた囃子方の子どもたちによるにぎやかなお囃子が響き渡った。

関連記事