初夏の日差しを浴びながらスタートするランナー=5月19日、福井県あわら市市姫2丁目

 第16回あわら市トリムマラソン(福井県あわら市、市教委、市スポーツ協会主催、福井新聞社共催)は5月19日、あわら市役所周辺を発着点に開かれた。青空が広がる中、1745人が爽やかな初夏の日差しを浴びながら、旧金津町市街地や緑鮮やかな並木道を駆け抜けた。

⇒トリムマラソンのオリジナル写真たっぷり(D刊)

 午前9時の10キロ一般男子と同女子を皮切りに順次スタート。親子の部ではまな娘に「あと少しやぞ」と声を掛ける父親、泣きながら頑張って走る子どもの姿があり、沿道から大きな声援が送られた。

 ゴール地点の市役所では、あわら温泉女将(おかみ)の会の3人が、汗だくのランナーに「お帰りなさい」と冷たいおしぼりを優しく手渡した。

 各部門の入賞者には、同市金津創作の森ガラス工房「エズラグラススタジオ」が制作した豆皿が贈られた。

関連記事