福井ユナイテッドFC―富山新庄クラブ 後半、先制点となるFKを蹴る福井ユナイテッドの木村魁人=5月19日、福井県坂井市のテクノポート福井スタジアム

 サッカー北信越リーグ1部は5月19日、各地で第3節4試合が行われた。福井県勢は首位の福井ユナイテッドFCが富山新庄クラブを4―0で下し開幕3連勝したが、順位は得失点差でアルティスタ浅間(長野)に抜かれ2位に後退した。3位坂井フェニックスは’05加茂FC(新潟)に1―3で敗れ、今季初黒星し4位に下がった。

 ⇒【D刊】蹴った瞬間、決まると分かった

 福井ユナイテッドは後半21分、DF木村魁人が直接FKで先制し、MF蔵田岬平、FW山田雄太が続いて追加点。36分にはMF山城純也が技ありのロングループシュートでだめ押し点を決めた。

 坂井は0―1の後半6分、PKで2失点目を喫し流れをつかめなかった。0―3の42分、MF佐野将貴のパスをFW棗佑喜が折り返したボールが相手選手に当たり、オウンゴールで1点返したが反撃が遅かった。

 次戦は6月2日、福井ユナイテッドがFC北陸(石川)と石川県の北陸大学フットボールパークで、坂井が上田ジェンシャンと長野県の松本平広域公園球技場で対戦する。

関連記事