箱根山の噴火警戒レベル引き上げに伴い、夜間通行止めから終日通行止めとなった県道=19日午前、神奈川県箱根町

 気象庁は19日、神奈川県の箱根山で18日から火山性地震が急増し、火山活動が高まっているとして「火口周辺警報」を発表し、噴火警戒レベルを1の「活火山であることに留意」から、2の「火口周辺規制」に引き上げた。大涌谷の想定火口域内では飛散する大きな噴石に警戒が必要になる。

 箱根山の警戒レベルが2になるのは15年以来。この際はごく小規模な噴火も発生し、一時は3の「入山規制」まで引き上げられた。

 気象庁によると、箱根山では18日午前5時ごろから芦ノ湖西岸や駒ケ岳付近を震源とする火山性地震が発生し始め、速報値で18日に45回、19日は午後3時までに48回観測された。

関連記事