ルートインBCリーグ・福井ミラクルエレファンツ福井―オセアン滋賀ユナイテッドBC、好投した福井の先発浜田俊之=5月18日、福井県福井市の福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月18日、福井県福井市の福井フェニックススタジアムでオセアン滋賀ユナイテッドBCと戦い、4―3で勝利し、西地区4位に浮上した。最下位脱出は18試合ぶり。通算成績は8勝12敗1分け。次戦は22日午後6時から、同球場で阪神タイガース2軍と交流戦を行う。

滋賀
000 000 030…3
000 310 00X…4
福井

 【評】福井は投打がかみ合い競り勝った。先発浜田俊之は要所を締めて7回無失点。打線は3犠飛を放つなど効率よく得点を奪った。

 福井は0―0の四回無死一、二塁から荒道好貴の右翼線二塁打で先制。さらに木下裕揮、寺田祐貴の犠飛で、この回計3点を挙げた。五回は澤端侑の左中間二塁打などで無死二、三塁とし、工藤祐二朗の中犠飛で加点した。

 先発の浜田は三回まで無安打と順調な立ち上がり。六、七回は満塁のピンチを招いたが、後続を断ち無失点でしのいだ。八回は原田宥希が3失点するも、1点リードしたまま九回へ。最後は高橋康二が無死一塁とされたが、併殺に仕留め守り切った。

関連記事