高浜町のオリジナル絵本「はらぺこシジミ」を手掛けたグラフィックデザイナーの釣本麻紀子さん=福井県高浜町

 福井県高浜町がネコを主人公にしたオリジナル絵本「はらぺこシジミ」を発行した。同町のグラフィックデザイナー釣本麻紀子さん(28)が手掛け、魚を求めて町内を駆け回るネコたちの愛らしい姿を通して町の風景、名所が楽しめる一冊となっている。

 町の人口減少対策事業の一環。幼少期から郷土愛を育んでもらい、子育て支援に積極的に取り組む町の姿勢を広報しようと企画。デザイナーとして町の移住定住促進事業に携わるなどし、「絵本を書きたいと思っていた」という釣本さんに白羽の矢を立てた。

 主人公の「シジミ」ら、おなかをすかせたネコたちが魚を求めて町中を“探検”するというストーリー。各場面で高浜漁港や城山公園、明鏡洞、青葉山など高浜の風景が登場。魚をトンビに奪われたり、こいのぼりを捕まえようと奮闘したり、ネコたちの表情、行動はほのぼのとしてかわいらしく、大人も楽しめる。

 釣本さんにとっては初めての絵本作り。小さい子を持つママたちに話を聞くなどして試行錯誤を重ね、ストーリーの構成をまとめた。「絵本を読んで、子どもたちに地域を好きになってもらいたい」との思いを込めた。

 これまで町の第三セクター「いきいきタウン高浜」で勤務していたが、本年度から独立しデザイン会社を立ち上げた。自分の姿を通してU・Iターン者増加に貢献したいという思いが強く「田舎にいても仕事ができるということを証明したい。その土台をつくることができたら」と語った。

 A5判32ページ、300部制作。町内の図書館や公民館、保育所、小学校などに配布した。販売はしていないが、3歳児健診の際にプレゼントしている。問い合わせは、町総合政策課=電話0770(72)7711。

関連記事