16日午前10時15分ごろ、大津市御陵町の皇子山総合運動公園テニスコートで開かれていた滋賀県中学校春季総合体育大会のソフトテニス競技で「部員の生徒が発疹やかゆみを訴えている」と顧問の教員から119番があった。女子生徒62人が脚に症状を訴え、刺激性皮膚炎と診断された。重症者はいない。大津署などが原因を調べている。

 署や県教育委員会によると、生徒らは観覧席に座り、座席の劣化したプラスチック部分に肌が触れていた。女子の大津ブロック大会が開かれていたが、中止になった。健康状態に注意しながら17日に再開する予定。

関連記事