焼き畑でのソバ栽培に取り組むメンバー。成分検査では風味や香りを出すタンパク質の割合が高かった=2016年8月5日、福井県福井市味見河内町

 ソバは焼き畑で育てるとうまい―。そんな仮説を実証しようと、福井県福井市味見河内町の山中の焼き畑でソバ栽培に取り組む市民グループ「焼畑でそば作り交流会」が、取れた実の成分検査を福井県食品加工研究所に依頼。焼き畑産のソバは平地産に比べてタンパク質の割合が高く、甘皮部分が多く含まれるため風味や香りが強いと推察できることが分かった。

 交流会は、「焼き畑で作ったそばはおいしい」とのいわれを実際に確かめてみようと、会長の由田昭治さん(76)ら県内のそば愛好家が2016年に結成。焼き畑で伝統野菜「河内赤かぶら」を生産している男性(70)の協力で斜面の畑を借り、在来種のソバ作りに挑戦している。

 焼き畑は、獣害や天候に左右されやすいため、並行して集落内の平地でも栽培。毎秋の収穫祭で参加者が食べ比べると、やはり焼き畑産の評価が高かった。データの裏付けも求め、昨秋に焼き畑産と平地産のそば粉の検査を県食品加工研究所に依頼した。

 検査結果によると、焼き畑産はタンパク質の割合が13・0%と平地産より2・1ポイント高く、殻と実の間のタンパク質を含む甘皮部分が多いと推察された。県内では、実を甘皮ごとひいてそば粉にするのが一般的で、これによって強い風味と香りが出る。甘皮の豊富な焼き畑産は、福井のそばの良さが強調されているといえそうだ。

 焼き畑でのソバ栽培は、宮崎県などでブランド化されているが、福井県内では例がない。今回の検査だけで特長を結論付けられないものの、メンバーは「我々が味わいながら感じてきたことが、数字にも現れた」と自信を深める。由田会長は「福井にはそば通がたくさんいる。焼き畑のそばが高くても売れるような銘柄になっていく可能性はあるのでは」と夢を膨らませている。

 畑を提供した男性は、ソバ栽培が限界集落の同市味見河内町にとっての希望にもなり得ると考えている。「労働の過酷さもあって、赤かぶら農家は少なくなった。ソバ作りが定着すれば、集落の活気になるはず」。伝統の焼き畑栽培が守られていく意味でも、ソバ栽培の広がりに期待している。

関連記事