御嶽海(奥)を寄り切った一番で右膝を負傷した貴景勝=両国国技館

 大相撲夏場所4日目の15日、東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が小結御嶽海を寄り切って3勝目を挙げた一番で右膝を負傷した。

 今場所が新大関の貴景勝は勝った直後、土俵上で右膝を押さえて痛そうなしぐさを見せた。引き揚げた支度部屋では風呂に入らず、氷で右膝の内側を冷やし続けた。状態について「痛めていない。大丈夫です」と気丈に話したが、帰る際には右脚を引きずっていた。苦しそうに階段を下りるなど、5日目(16日)以降が心配な状況になった。

関連記事