記者会見する東村新一福井市長=5月13日、福井県福井市役所

 12月に3期目の任期満了を迎える福井県福井市の東村新一市長(66)は5月13日、市役所で行った記者会見で進退を問われ「市長選については、いろんな人の意見を聞きながら、もうちょっといろんな角度から整理したい」と述べるにとどめた。1月の年頭会見では、統一地方選の状況を見て判断する考えを示していたが「市議会の議長人事はこれからで、それも踏まえて考える必要がある」とした。

 福井県知事選で東村市長が支援した杉本達治氏が当選したことは、進退の判断に「そんなに影響することはないのかなと思う」と話した。杉本知事に向けては「新しい時代が始まる中、各市町とのコミュニケーションを高めながら、市町の課題にしっかりと寄り添い対応してほしい」と期待した。

関連記事