福島県大熊町大川原地区で行われた、原発事故による避難指示解除後初の田植え=13日

 東京電力福島第1原発が立地する福島県大熊町の南部に位置し、原発事故による避難指示が4月に解除された大川原地区で13日、田植えが始まった。田植えは指示解除後初めて。

 大熊町産業建設課によると、町役場の職員ら20人余りが、町民が所有する約1600平方メートルの水田にコシヒカリやもち米の苗を手作業で丁寧に植えた。

 大熊町は2014年から除染の効果を確認する試験栽培を実施。収穫された全ての米が国の放射性セシウムの基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下回ったため、昨年から検査後に販売も可能な実証栽培に切り替えた。

関連記事