子どもの鼻血、座らせて前かがみに (イラスト・小林孝文)

 鼻血は主に、鼻の入り口から少し入ったところの粘膜(キーゼルバッハ部位)から出ます。網の目状の血管が表面に浮き出ていて、出血しやすいのです。

 子どもの鼻血の多くは、鼻炎や空気の乾燥などで粘膜が弱くなったり、湿疹やアレルギー性鼻炎でかゆくていじったりするために起こります。

 鼻血が出た時は、まずは慌てないこと。座らせて前かがみの姿勢をとります。上を向くと鼻の奥からのどの方にたれて飲み込んでしまい、気持ち悪くなることがあります。もしのどに血がまわったら、飲み込まずに口から出すようにしましょう。

 小鼻(鼻のやわらかいところ)を指でつまんで圧迫します。指を離さずに5~10分間しっかり圧迫し続けましょう。丸めたティッシュをつめて押さえてもよいです。

 10分間圧迫しても鼻血が止まらなかったり、歯茎からも出血したりする場合や、少しのことで体に青あざ(紫斑)ができる場合は、血液の病気も疑われます。病院を受診しましょう。(渡邉康宏/福井県小児科医会)

関連記事