見積もりのお待ち時間1時間以上と表示された2020年東京五輪の国内向けチケット公式販売サイト

 2020年東京五輪で国内在住者向けに販売するチケットの抽選申し込みが、5月9日午前10時から公式販売サイト(https://ticket.tokyo2020.org)で始まった。目当てのチケットを申し込もうと同日午後0時45分ごろ、福井県福井市内の会社員がパソコンでサイトを開くと、「抽選申込受付中 5/28まで」の大きな文字の画面が表示されたと思いきや一瞬で小さな文字が並ぶ画面に変わった。「列での順番:489872 見積もりのお待ち時間:1時間以上」と書かれている。アクセスが集中しているようだ。

 抽選の対象は、実施が凍結されているボクシングを除く32競技と開閉会式。28日午後11時59分まで受け付け、申し込みにはメールアドレス、住所、氏名、電話番号などを登録する「ID登録」を行い、観戦したい試合や席の種類を選ぶ。1人が第1希望として申し込めるのは30枚までで、第2希望も選べば60枚まで申請できる。当選は最大30枚。式典や試合ごとに希望できる枚数の上限も設定されており、一般のチケットは開閉会式が2枚、メダルが決まる試合は4枚、それ以外が6枚。

 抽選結果は6月20日に通知される。受付期間中の申し込み内容の変更やキャンセルは可能だが、当選したチケットの購入手続きは7月2日までに一括で済ませる必要があり、当たった中から選ぶことはできない。都合が悪くなり観戦できなくなった人向けに、定価で転売できる公式再販売制度を設ける。

関連記事