日航の旅客システムに不具合が発生したことを伝えるモニター=8日午前8時32分、羽田空港

 日本航空機の尾翼

 8日午前6時50分ごろ、羽田や大阪など全国の空港で、搭乗手続きをする日航の旅客システムに不具合が発生した。機器を使った一部の手続きができなくなったため、羽田と札幌や大阪を結ぶ日航便に1〜2時間程度の遅れが出た。日航は、搭乗予定の乗客が少ない路線で30便を欠航させると決定。欠航による影響は約2390人としている。

 ネットワーク障害によるものとみられるが、詳しい原因は分かっていない。午前10時ごろまでに完全に復旧したが、出発の遅れが続いた。

 日航によると、午前6時50分ごろから、自動チェックイン機での手続きや「タッチ&ゴー」のサービスが利用できなくなった。

関連記事