富山-福井 6回を2失点に抑えた福井の先発望月嶺=高岡西部総合公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月5日、富山県の高岡西部総合公園野球場で、富山GRNサンダーバーズと戦い2―3で敗れた。通算成績は2勝10敗1分けで西地区最下位。次戦は6日、長野県営野球場で信濃グランセローズと対戦する。

福井
200 000 000…2
020 000 10×…3
富山

 【評】序盤に2―2の同点となって以降、福井は先発望月嶺がしのいだが、七回に交代した塚田貴之が連打を許し1点を献上。打線の援護がないまま敗れた。

 福井は初回、先頭の澤端侑が二塁打で出塁し続く工藤祐二朗の右飛で三進。石井建斗の内野安打で生還した。さらに死球などで2死一、二塁とし、須藤優太の左前適時打で2点目を挙げた。しかし三回以降、石川の継投リレーに散発3安打。三回の2死三塁の好機もつぶされた。

 先発望月は二回、四球から二塁打、犠飛で2点を奪われ同点とされたが、その後は毎回、走者を背負いながらも無失点で切り抜けた。しかし七回に交代した塚田が四球、二塁打などで2死二、三塁のピンチを招き、左前適時打を許し勝ち越された。

関連記事