酒米の田植えをする仮面女子のメンバーら=5月4日、福井県鯖江市沢町

 福井県鯖江市の河和田地区で学生が住民と交流しながら創作活動する河和田アートキャンプに今年参加する学生らが5月4日、地酒づくりのために同市沢町の水田で酒米の田植えをした。アイドルグループ「仮面女子」のメンバーも参加し、和気あいあいで作業に励んだ。

 アートキャンプ参加学生の提案から近年は、同地区で地酒をつくる取り組みが行われている。来年の酒造に向けて学生6人と仮面女子の6人が、河和田地酒づくりプロジェクトのメンバーとともに酒米「五百万石」の苗を植えた。

 参加者は泥に足を取られながら腰をかがめて丁寧に植えていった。好天の下、楽しそうに声を掛け合って作業する様子を、大勢の仮面女子ファンらが見守った。

 手足を泥だらけにした京都精華大4年の学生は「これだけ汚れても、この米がお酒に変わるかと思うと楽しみ」と話した。仮面女子の百瀬ひとみさんは「田植えは楽しかった。苦手のカエルがいなくてよかった」と笑顔だった。

 この日を含め、全体で約4千平方メートルの田んぼに植える。今秋に約400キロの米を収穫する予定という。

関連記事