25週連続で実施された黄色いベスト運動のデモ=4日、パリ(AP=共同)

 黄色いベスト運動のデモ行進=4日、パリ(AP=共同)

 【メッス(フランス北東部)共同】フランスでマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが4日、25週連続で行われた。内務省によると、全国の参加者は約1万8900人。昨年11月以来、最少規模となった。前週4月27日は約2万3600人だった。

 昨年11月の初回のデモには約28万人が参加。4月には約2万〜3万人に減少したが、5月1日のメーデーのデモに黄色いベスト運動の参加者らも多数合流し、今回はさらに動員が減ったとみられている。パリの参加者も前週の約2600人から約1460人に減少した。

 長引くデモを受け、マクロン大統領は所得減税などの新施策を発表している。

関連記事