ルートインBCリーグ・石川ミリオンスターズ-福井ミラクルエレファンツ、1回表福井1死一塁、石井建斗が右越えに先制2ランを放つ=5月4日、石川県立野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月4日、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと戦い、8―1で勝利。9試合ぶりに白星を飾った。通算成績は2勝9敗1分けで西地区最下位。次戦は5日、富山県の高岡西部総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと対戦する。

福井ミラクルエレファンツ
250 000 001…8
000 000 100…1
石川ミリオンスターズ

 【評】福井は久しぶりに投打の歯車がかみ合った。先発のエース浜田俊之は7回1失点の好投。打線は初回に石井建斗が2ランを放つなど、序盤で大量得点し主導権を握った。

 一回、澤端侑の二塁内野安打で1死一塁とし、石井が2試合連続となる一発を右翼席に運び2点を先制。さらに、二回は打者一巡の猛攻。寺田祐貴の犠飛や荒道好貴の2点適時打などで5点を挙げ、7―0とリードした。

 先発浜田は危なげない投球を披露。2併殺と要所を締めて六回までゼロを並べた。七回こそ犠飛で失点したが、最少失点に抑えた。八回は原田宥希が無失点に抑えると、打線は九回に清田亮一がダメ押しとなる適時打で追加点。最後は高橋康二が2四球を出したが無失点に抑え、9試合ぶりの勝利を手にした。

関連記事