福井工大福井―敦賀気比 6回表福井工大福井1死一、三塁、森下壱斗がスクイズを決め5―3とする=5月3日、福井県営球場

 【春季北信越地区高校野球福井県大会決勝・福井工大福井6―4敦賀気比】

 全4試合で初回に得点をたたき出し頂点に立った。幾度もビッグイニングをつくり、今大会のチーム打率は3割5分5厘。「打の福井工大福井」をあらためて印象づけた。しかし田中公隆監督の思いは少し違うようだ。「このチームに打って勝つというイメージはない。守りを固めて少ないチャンスをものにする。総力戦だった」

⇒福井県大会トーナメント表

 そういう意味では、決勝戦は福井工大福井の野球だった。初回に幸先よく3点を奪うも、じりじりと追い上げられ1点差に。「苦しい試合だった」と先発高木寛斗。それでも、ここぞの勝負時は絶対に落とさない。

 まずは守り。4―3の五回1死二塁。「同点にさせるつもりはなかった」とギアを上げた高木は、内野ゴロ二つに打ち取った。

 ピンチを抜けた直後の六回。今度はチャンスが巡ってきた。森山瞭の安打などで1死一、三塁。打席には3番森下壱斗。頼れる好打者だが指揮官のサインはスクイズだ。「絶対に1点が欲しかった」(田中監督)。これをしっかりと決め、勝利を大きく引き寄せた。

 高原侑希主将は言う。「チーム内の競争が本当に激しい。誰が出ても勝てるチームになりたいんです」。今大会を通して、理想のチーム像に間違いなく近づいた。主力を欠く中、2桁番号の選手が次々と躍動。遊撃手の住柊磨は「(高原主将の)代わりに出るのはプレッシャーがあった。でも勝つたびに自信がついていった」。昨秋以上に価値のある2季連続の県大会制覇。「目標は県大会3冠」(高原主将)。夏の優勝に向け、新たな歩みが始まった。

⇒福井工大福井―敦賀気比の熱戦、写真で振り返る

関連記事