春季北信越地区高校野球福井県大会準決勝・福井工大福井―福井商業 2回表福井工大福井1死満塁、住柊磨が2点適時二塁打を放ち3―0とする=福井県営球場

 【北信越地区高校野球福井県大会準決勝・福井工大福井7-5福井商業】

 鍛え上げた強力打線が序盤に爆発した。福井工大福井は三回までに9安打7得点を挙げリズムをつくると、福井商業の猛追を粘り強く守り、逃げ切った。田中公隆監督は「簡単には勝てなかったが、選手にとってはいい刺激になった」と内容に満足顔だった。

 ⇒福井県大会トーナメント表

 強打を見せつけたのは二回。渡口大心、大上岳人の連打に市川将大の犠打が敵失を誘い、1死満塁。絶好機に9番住柊磨は「流れは完全にこっち。打ってさらに勢いをつける」と、内角に甘く入ってきたカーブを強振。打球は左翼手を越え2人を返す二塁打に。続く荒木海斗も中前に適時打し計4点を追加し、試合の主導権を握った。

 智弁和歌山など強豪との練習試合を重ね、選手が競い合うことで切れ目のない打線に仕上げ、今大会に臨んだ。この日計7点を奪った一~三回も、9安打のうち6安打を5~9番が放った。7番大上は「強豪は打線に隙が無い。自分たちも全員がつなぐ意識を持たないと」と3安打の活躍をした。

 四回以降は3安打と沈黙した。指揮官は「勢いを盛り返した相手を崩せる強さも必要」と注文をつける。「これを薬にして、さらに上を目指してほしい」と次戦に期待した。

 ⇒福井工大福井―福井商業の熱戦、充実の写真で振り返る

関連記事