福井-富山 1回表のピンチでマウンドに集まる福井ナイン=5月1日、福井県坂井市の三国運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月1日、福井県坂井市の三国運動公園野球場で富山GRNサンダーバーズと対戦。1-7で敗れ、2013年前期以来となる7連敗を喫した。通算成績は1勝9敗で西地区最下位に沈む。次戦は2日、滋賀県の守山市民球場でオセアン滋賀ユナイテッドBCと対戦する。

富山
600 001 000…7
000 001 000…1
福井

 ⇒田中監督「すべてが後手に」

 【評】福井は投打ともに振るわなかった。初回に富山打線の猛攻を受け6失点。打線は3度の満塁機を逸するなど拙攻の連続で16残塁を喫した。

 福井の先発三染真利は、初回2死一、二塁から中前打で先制点を許すと、5連打を浴びるなど打者12人の攻撃で計6点を失った。二回以降は立ち直り、五回まで完ぺきに封じた。六回以降は中継ぎ陣が1失点で踏ん張った。

 打線は毎回走者を出したが得点は六回の清田亮一の適時打のみ。五回無死三塁では3~5番が3者連続三振に倒れるなど、ことごとく好機をつぶした。

関連記事