天皇制に反対する市民らが開いた集会。壇上は講演する元大阪市立大教授の上杉聡さん=1日午後

 天皇陛下の即位を受け、天皇制に反対する市民らが1日、京都市内で集会を開いた。元大阪市立大教授の上杉聡さんが講演し「天皇にも人権を与えるべきだ」と現行の天皇制を批判した。

 上杉さんは、上皇さまが退位の思いを強くにじませたビデオメッセージを公表した際、「退位すべきではない」との声が一部で上がったことを紹介した上で、「人権感覚が抜けている」と指摘。「本来は辞めたい時に辞める権利があるはず。今の天皇制はおかしい」と疑問を呈した。

 部落解放同盟や市民団体で組織する実行委員会が主催。約70人が参加した。

関連記事