「平成」と「令和」2つの日付が並べて押印された城御朱印

 福井県大野市の越前大野城で4月30日、日付部分に「平成」と「令和」の二つの元号を並べて押印した城御朱印が記念販売された。お目当ての人が開場前から列をつくる人気ぶりで、初日分で用意した248枚が2時間ほどで完売した。

 市観光協会が4月30日と5月1日の日付印を押した御朱印をこの2日間販売する。30日は城の入り口に開場前から50人以上の列ができ、中には一度に8枚購入する人も。観光協会の担当者は「想定外の事態」と対応に追われた。

 一番乗りで御朱印を手にした同県越前市の男性(72)は「朝6時に家を出たので、無事に手に入れられて安心した。家に帰ってからゆっくりと眺めたい」と話していた。

関連記事