春季北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・敦賀気比―金津 二回表・先制の本塁打を放つ敦賀気比・杉田翔太郎=4月30日、福井県営球場

 春季北信越地区高校野球福井県大会は4月30日、福井県内2会場で準々決勝4試合を実施。雨の影響で予定より約2時間30分遅れで始まった福井県営球場第1試合は、敦賀気比が第2シードの金津を11―1(五回コールド)で下し、準決勝に進出した。敦賀気比は優勝した18年夏季福井大会ぶりの準決勝進出。

敦賀気比
020 18…11
000 10…1
金津

■敦賀気比 笠島尚樹―御簗龍己
■金津 石丸結大、長谷部慎之介―南恒希

▽本塁打 杉田翔太郎(敦賀気比)

⇒高校野球福井県大会の今後の日程

 敦賀気比は二回表、1死から相手守備の乱れで出塁した高原秀郎を一塁に置き、杉田翔太郎の右越え2点本塁打で先制。四回も2死二塁から杉田が適時打を放ち3点差に引き離した。1点返され3―1の五回、野道大誠や笠島尚樹が中越え適時三塁打を放つなど打者一巡の猛攻で一挙8点を奪い試合を決めた。

 先発の笠島は落ち着いた投球で1失点の好投を見せた。

 金津は3点差で迎えた四回、1死から夛田新太郎と前川郷の連打で1死一、三塁のチャンスをつくり、南恒希のスクイズで1点を返したが、五回に敦賀気比打線に捕まり力尽きた。

⇒敦賀気比―金津の熱戦、充実の写真で振り返る

⇒福井県大会の全打席速報はこちら

関連記事