平成最後の一日となった4月30日の退位の流れ

 平成最後の1日である4月30日、最後の宮中祭祀(さいし)となる「退位礼当日賢所大前の儀」などは厳かな雰囲気で行われた。朝から降っていた雨はやみ、天皇陛下は、歴代天皇などを祭る皇居・宮中三殿の廊下を、古式装束姿で、手には笏(しゃく)を持ち、ゆっくりと歩まれた。真剣な表情からは、退位の日を迎えた感慨もにじんだ。

 午前10時すぎ、陛下は皇祖神とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る、宮中三殿の「賢所(かしこどころ)」に足を運んだ。天皇が重要儀式で着用する古式装束「黄櫨染袍(こうろぜんのほう)」をまとうのも今回が最後。侍従を引き連れ、入り口の前で一礼して中に入った。

 賢所の中で、陛下は「御告文(おつげぶみ)」を読み、退位の儀式を午後に行うことを報告したという。

 その後陛下は、宮中三殿のうち歴代天皇などを祭る「皇霊殿(こうれいでん)」と神々を祭る「神殿(しんでん)」で、同様に報告する「退位礼当日皇霊殿神殿に奉告の儀」に臨んだ。

 この日の宮中祭祀では、新天皇となる皇太子さまも黄丹袍(おうにのほう)を着用して拝礼。宮内庁職員らが見守る中、秋篠宮ご夫妻やその他の皇族も参列した。皇后さまと皇太子妃雅子さまは欠席した。一連の祭祀が終了したのは、午前11時16分だった。

 皇太子さまは午前9時20分ごろ、住まいの東宮御所を車で出発し、半蔵門から皇居に入った。沿道から声を掛けられ、穏やかな表情で手を振った。

関連記事