皇居・宮中三殿の見取り図

 天皇陛下は4月30日午前、皇居・宮中三殿で、在位中最後の宮中祭祀(さいし)に臨まれた。歴代天皇などに代替わりの重要儀式「退位礼正殿(せいでん)の儀」を執り行うことを報告する儀式で、「退位礼当日賢所大前(かしこどころおおまえ)の儀」と「退位礼当日皇霊殿神殿(こうれいでんしんでん)に奉告の儀」と呼ばれる。夕方に宮殿「松の間」で催される正殿の儀では、安倍晋三首相の国民代表の辞に続き、陛下が在位中最後の「お言葉」を述べる。

 陛下はこの日限りで退位し、30年余り続いた「平成」は閉幕。皇太子さまが5月1日午前0時に即位して「令和」元年が始まる。天皇の退位は江戸時代の光格天皇以来、202年ぶり。

 宮中三殿の儀式で陛下がまとうのは、即位の礼などの重要儀式で天皇だけが着用できる古式装束「黄櫨染袍(こうろぜんのほう)」。皇祖神とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る「賢所(かしこどころ)」から順に三殿を参拝し、退位礼正殿の儀をこの日執り行うことを告げる「御告文(おつげぶみ)」を読む。

 皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族も出席。首や腕に痛みがあることから、近年は宮中祭祀に臨んでいなかった皇后さまは、この日も参列を控え、住まいの御所で過ごした。皇太子妃雅子さまも体調を考慮し、欠席した。

 3月中旬から、初代天皇とされる神武天皇の陵(奈良県橿原市)や伊勢神宮(三重県伊勢市)、昭和天皇陵(東京都八王子市)などを巡った一連の退位関連儀式や祭祀は、正殿の儀で完結する。

 一連の儀式のうち正殿の儀は、内閣の助言と承認が必要な国事行為と位置付けられている。

 陛下は正殿の儀を終えた後、30日夕から夜にかけ、宮殿や御所で皇族や宮内庁職員らからあいさつを受ける行事をこなす。午後7時半ごろで天皇として臨む行事は全て終わり、静かに退位の時を迎える。

関連記事