春季北信越地区高校野球福井県大会2回戦・啓新―敦賀 好リリーフした啓新の浦松巧=4月29日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 春季北信越地区高校野球福井県大会は4月29日、福井県内2会場で2回戦を行った。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は、啓新が敦賀を4-0で破り準々決勝に進出した。

啓新
101 000 002…4
000 000 000…0
敦賀

■啓新 安積航大、浦松巧―穴水芳喜
■敦賀 廣川竜太郎、平岡寿将、久米遼、山本誠心―細川琉羽

⇒高校野球福井県大会の今後の日程

 啓新は初回、2死二塁から小野田渉冴の左前適時打で先制。三回には無死満塁で小野田の左犠飛で1点を追加。最終回には古川剛、新谷隼都の連続適時打で2点を加え、突き放した。

 先発の安積航大、2番手の浦松巧の継投で完封した。

 敦賀は4点を追う九回、櫻井虎太郎の左前打など2死一、三塁まで攻めたが、あと1本が出なかった。三回途中からリリーフした久米遼が八回まで好投したものの、打線の援護が得られなかった。

⇒福井県大会の全打席速報はこちら

⇒啓新―敦賀の熱戦、充実の写真で振り返る

関連記事