春季北信越地区高校野球福井県大会2回戦・福井商業―美方 4回裏・福井商業の平川翔斗が中前2点適時打=4月29日、福井県営球場

 春季北信越地区高校野球福井県大会は4月29日、福井県内2会場で2回戦4試合を実施。福井県営球場第2試合は福井商業が美方を9―1(7回コールド)で下し、準々決勝に進出した。福井商業は準優勝した昨季に続いての8強進出。

美方
000 000 1…1
004 500 x…9
福井商業

■美方 川島海翔、末友寿樹、竹村大河―宇野雄貴
■福井商業 小山竣平―吉村直緒人

⇒福井県大会トーナメント表

 福井商業は前半に猛打が爆発した。0―0の三回、先頭打者の菱川恭平が左前打で出塁。犠打や四球で2死一、三塁から、美方の二番手投手末友寿樹の立ち上がりを攻め、寺井琉の中前適時打で先制点を奪った。その後も中村颯来、吉村直緒人、平川翔斗と3連続適時打が出て、この回4点。四回にも平川翔の中前適時打などで5点を追加、9―0として試合を決定づけた。

 美方は初回、辻本謙斗の右前打で2死一、三塁とチャンスを作るもその後、決定打が出ずこの回無得点。0―9とされた七回、宇野雄貴、古谷一真の連続安打と福井商業バッテリーのミスで1点を奪ったが反撃が遅すぎた。

 福井商業は準決勝進出を懸け30日、敦賀市総合運動公園野球場で藤島と対決する。

⇒福井商業―美方の熱戦、充実の写真で振り返る

⇒福井県大会の全打席速報はこちら

関連記事