上田ジェンシャン―福井ユナイテッドFC 後半43分、福井ユナイテッドのFW山田雄太(左から2人目)がシュートを決めて7―0とする=長野県のサンプロアルウィン(福井ユナイテッドFC提供)

 サッカー北信越リーグ1部は4月28日、各地で第2節4試合が行われた。福井県勢は福井ユナイテッドFCが上田ジェンシャン(長野)に7―0と大勝。坂井フェニックスは富山新庄クラブを3―1で下し、ともに敵地で開幕2連勝を飾った。

 福井ユナイテッドは前半、MF蔵田岬平とFW山田雄太で3得点。後半も勢いは止まらず、ともにハットトリックを達成した。DF木村健佑も1点決め、シュート数は相手1本に対し、23本で試合を支配した。

 坂井は前半5分にPKを獲得。MF田川弘毅が決めて先制し2点目も挙げた。前半に1点を返されたが、後半30分、途中出場のFW小林走が貴重な追加点を挙げて突き放した。

 次戦は5月19日、福井ユナイテッドが富山新庄クと福井県坂井市のテクノポート福井スタジアムで、坂井が'05加茂FC(新潟)と福井県坂井市の三国運動公園で対戦する。

関連記事