男子個人総合決勝 谷川翔の平行棒=高崎アリーナ

 女子個人総合決勝 寺本明日香の跳馬=高崎アリーナ

 体操の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権最終日は28日、群馬県の高崎アリーナで決勝が行われ、女子は2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪代表で23歳の寺本明日香(ミキハウス)が予選との合計111・998点をマークし、4年ぶり2度目の日本一に輝いた。

 昨年の世界選手権銀メダリストで4連覇を狙った村上茉愛(日体ク)が1・167点差で2位、畠田瞳(セントラルスポーツ)が3位となった。

関連記事