富山県の北アルプスで27〜28日、遭難が相次ぎ、兵庫県と埼玉県の男性2人が死亡した。

 27日午後3時半ごろ、北ノ俣岳(2662メートル)の山頂付近にいた兵庫県西宮市仁川百合野町の会社員土居浩行さん(50)から山小屋に「たどり着けそうにない」と連絡があった。

 山小屋の男性3人が救助に向かったが、悪天候のため断念。県警が28日午前5時40分ごろ、土居さんを救助したが、死亡が確認された。

 また、28日午前5時10分ごろ、立山町の雷鳥沢で、雪に埋もれて意識不明になっていた埼玉県越谷市東越谷の無職小川誠さん(79)を県警ヘリが救助したが、死亡が確認された。

関連記事