春季北信越地区高校野球福井県大会2回戦・福井工大福井―高志 六回裏、コールド勝ちを決める2点本塁打を放ち、ホームインする福井工大福井の大上岳人=4月28日、福井県営球場

 春季北信越地区高校野球福井県大会の2回戦は4月28日、福井県内2会場で2回戦を実施。福井県営球場の第1試合は福井工大福井が高志を11―1(六回コールド)で下し、準々決勝に進出。ベスト8に名乗りを上げた。

高志
100 000…1
400 403x…11
福井工大福井

■高志 林壮太、笛吹春稀、島津大河―白塚公基
■福井工大福井 市川将大、高木寛斗―大上岳人

⇒福井県大会トーナメント表

 福井工大福井は初回、相手エラーで1―1の同点に追い付くと1死一、三塁から森下壱斗の右前適時打で早くも逆転に成功。さらに1死二、三塁から浅里友輝が右中間に2点適時打を放ち、この回4点を挙げ、試合の流れを戻した。

 さらに福井工大福井は8―1で迎えた六回に浅里の左前適時打で9点目を追加。次の大上岳人が左翼越えの2点本塁打を放ち、11―1としコールド勝ちを決めた。

 高志は初回に相手投手のボークで1点先制したが、その後は得点を奪えなかった。

⇒福井県大会の全打席速報はこちら

関連記事