静岡刑務所は27日、浜松拘置支所(浜松市)に収容されていた40代の男性受刑者が死亡したと発表した。同刑務所は「自殺ではない」としているが死因は不明で、今後、司法解剖する予定。受刑者の名前や起訴罪名は明らかにしていない。

 同刑務所によると、受刑者は単独室に収容されていたが、27日は起床時間の午前7時10分を過ぎても起きなかった。職員が確認すると、布団の上であおむけになっており、呼吸をしていなかった。脈拍も確認できなかったという。救命措置を行ったが、午前7時35分ごろに死亡が確認された。

 受刑者は今年3月下旬に同拘置支所に収容された。

関連記事