大勢の来館者でにぎわう福井県立恐竜博物館=4月27日、福井県勝山市

 10連休のゴールデンウイーク(GW)初日の4月27日、福井県内は雨や雪が降るあいにくの空模様となったが、多くの観光地はにぎわい、アウトドアを楽しむ家族連れもいた。

 平成に相次いでオープンした大型観光施設がある勝山市には、県内外や海外から観光客が訪れた。10連休に約10万人の来館者を見込む福井県立恐竜博物館は、午前8時半の開館前に約600人が長い列をつくるなど盛況だった。

 スキージャム勝山では、グリーンシーズンの幕開けを告げる新緑アウトドアフェスティバルが始まった。寒さと季節外れの雪で観光客の出足は鈍かったが、家族連れがバーベキューを楽しんだ。

 家族、友人と訪れた福井市の会社員男性(39)は「雪の中でバーベキューをしたのは初めて。子どももこの状況を楽しんでいる」と白い息を吐きながら目を細めていた。

関連記事