福井県鯖江市とコラボした曲「LOVE LOVE SABAE」を歌う仮面女子=4月25日夜、東京・秋葉原の仮面女子CAFE

 東京・秋葉原にあるアイドルグループ仮面女子の劇場「仮面女子CAFE」で4月25日夜、特別ライブ「めがねのまちさばえDAY」が開かれた。仮面女子が福井県鯖江市とコラボした曲「LOVE LOVE SABAE」を披露し、“オタクの聖地”で鯖江の魅力を発信した。

 特別ライブは、鯖江市が「めがねのまちさばえ大使」を務める仮面女子と取り組んでいる市のプロモーション活動の一環。同市が作詞を手掛けた曲「LOVE LOVE SABAE」を東京で初披露した。

 仮面女子のメンバーは、越前漆器をモチーフにした黒い衣装でステージに登場。「めがね会館 眼鏡選び」「うるしの里会館 沈金も蒔絵(まきえ)も『できたー』」―。同市の産業やスポットなどを歌詞に織り込んだポップな曲を元気に歌い、ファンと一体になって盛り上がった。

 歌い終わった後には「ご飯がおいしいし、景色もいい」「ツツジがすごかった」と鯖江市の魅力をPR。「鯖江に遊びに来て」とファンに呼び掛けた。

関連記事