前回大会で海岸沿いのコースを走り抜けるランナー=2018年5月13日、福井県美浜町竹波

 第31回美浜・五木ひろしふるさとマラソン(福井県美浜町、町教委、町スポーツ協主催、福井新聞社共催)が5月12日、同町丹生の特設会場を発着点に行われる。全国の小学1年生から80代までの3240人がエントリーした。今回新設されたウオーキングの部には272人が参加する。

 マラソンは丹生多目的グラウンドに設けられる特設会場を発着点に、水晶浜など風光明媚な景色を眺めながら敦賀半島西側の海沿いを走る。午前10時の3キロを皮切りに1・5キロ、10キロ、5キロの4部門あり、男女世代別の17種目で健脚を競う。10キロは日本陸連公認コース。20キロは今回から廃止となった。

 ウオーキングの部のコースはマラソンと異なり、特設会場から海岸沿いを北へ約1・3キロ進み、折り返して出発地点へ戻る計2・6キロのコース。競技種目ではないため、タイム計測は行わない。

 マラソンは親子の部を除く各種目の1~3位に美浜の特産品を贈呈。5キロまたは10キロの同一部門に参加した夫婦は、合計タイムで順位を競い、上位5位までを特別表彰する。参加者全員に記念Tシャツをプレゼントする。

 ゲストランナーとしてバルセロナ五輪マラソン銀メダリストの有森裕子さん、ゲストウオーカーとして歌手の錦野旦さんが参加する。錦野さんはウオーキングの部の折り返し地点で、参加者とハイタッチを交わす予定。五木さんはスケジュールの都合で参加できない。

 当日の受け付けは午前7時から同8時50分まで。開会式は特設会場で同9時から開かれる。同9時半から午後0時半まではコース全体で車両通行止めとなる。問い合わせは実行委員会事務局(町教育政策課内)=電話0770(32)6709。

関連記事